おねだり、たちまち、どスケベ三昧

2019年12月20日公開
制作…大敬オフィス
提供…オーピー映画

〇スタッフ〇 
監督・脚本・音楽…清水大敬
撮影・照明…大久保礼司
照明…ジョニー行方
   石塚光
助監督…郡司博史
    山梨太郎
録音…村田萌
   荒木俊一
ポスター・現場スチール…中江大助
撮影助手…菅田貴弘
     吉井夢人
仕上げ…東映ラボ・テック

○キャスト○
山口裕子…愛原れの
鮫島美由紀…今井まい
明美…中村京子
銀粉蝶子…海空花
紅満子…長谷川千紗
三原山葉子…大山魔子
三浦江利子…三橋理絵
鮫島権造…森羅万象
山根健二…折笠慎也
新山正義…安藤ヒロキオ
高橋元伸…フランキー岡村
岡野武男…山科薫
公園の乞食…郡司博史
石部金吉…清水大敬
中野剣友会

○物語○
裕子は愛人の武男からマンションをプレゼントされる。彼の妻・明美は怒り狂うだろうが、愛する裕子に財産を遺したいという思いだった。しかし裕子は毎日が幸せでその気持だけで十分だと言った。ふたりはベッドで愛しあった。普段以上の激しい情交を繰り広げるうち、武男は裕子に覆いかぶさったまま腹上死してしまった。
明美にマンションを追い出された裕子は当てもなくさまよう。お金も行き場もない彼女は公園のベンチでうとうとしている隙に全財産が入ったバッグをひったくられてしまう。
一方、明美はマンションに愛人の健二を呼び出す。大学院生の健二は学費のために愛人を演じていた。一発出せば3万円。10発で30万円。健二はお金のためにハッスルした。
街をさまよう裕子は、ふとしたことで知り合った印刷会社の新山に誘われ、彼の会社で働くことになった。
鮫島は娘の美由紀が希望する大学になんとしても入学させたいと、エージェントに依頼した。父の有難迷惑を阻止したい美由紀は、家庭教師の健二に協力を頼む。
リサーチの結果、試験問題を印刷しているのが新山の会社だと判明する。大晦日の夜、作戦が決行された…。

おねだり、たちまち、どスケベ三昧